見た目若返る、ビスタシェイプのなぜ?

いま、知らないと損をするくらい、見た目の若返りで人気なのが、ビスタシェイプです。

ビスタシェイプとは、

適切な量の量のヒアルロン酸注入材とボツリヌス治療薬の注入を組み合わせることによって、顔全体のしわやたるみを改善し、自然な仕上がりを目指す新しい治療法です。

深いしわや溝、たるみなど、顔にあらわれる老化現象は、皮膚だけではなく骨格や、筋肉、皮下組織を含む顔全体の組織の構造が、加齢で立体的に変化することによって起こります。

例えば、鼻唇溝(ほうれい線)の原因は、骨格の損失、口の周りの筋肉の拘縮(こうしゅく)注)、頬と口の周りの皮下脂肪の減少や下垂、皮膚の下垂によって、これら組織の位置が移動することであるとわかっています。

老化によって皮膚にできる深いしわや溝は、その部分だけが凹むのではなく、周囲の組織が下垂などにより移動し、顔全体の立体的な構造が変化することによってできます。そのため、しわや溝の直下だけではなく、これら立体的な変化の原因となるポイントにヒアルロン酸注入材を注入するアプローチが重要になります。

VST®-Shapeでは、中顔面(目の下から口付近まで)を中心に、少量ずつのヒアルロン酸注入材を注入し、周囲の構造を立体的に改善することによって、鼻唇溝やマリオネットラインを含む顔面全体の改善が期待できます。

さらに、ボツリヌス治療薬を併用し、眉間の表情じわを目立たなくすることによって、顔全体の印象が効果的に改善され、自然な仕上がりが得られます。

VST®-Shape(ビスタシェイプ)は、中顔面の構造をヒアルロン酸注入材によって立体的に改善し、しわや溝の原因となる老化現象を改善する治療法です。

 

くらた医院では、医師が顔全体のアセスメントを行ったうえで、治療による効果が期待できると判断した場合に行います。

この治療を受けた方の多くが、その自然な仕上がりに「昔の自分に戻ったみたい」とおっしゃいます。

そう、誰でもない自分自身に若返るのです。だから、同窓会前などにも好評です。

 

少しでも気になる方は、お気軽に診察予のお電話を、、

 

 

 

2018年10月09日 更新 /

一覧へ戻る

TOPに戻る