別府に春を告げる〜火祭り🔥〜

今日は、くらた医院からすぐ近くの、標高815mの大平山、通称扇山の火祭りでした。

扇山は、扇を逆さにしたように草地が山頂から下まで広がっていることから、”扇山”と言われていて私たちも、もっぱら扇山と呼んでいます。

山頂付近で点灯した小さな火が少しづつ広がっていき、まるで生き物が這い回るように火が移っていきます。

さて、観光イベントのような火祭りですが、実は、扇山は、もともと牧草地で、毎年春に「野焼き」をして、牧草地として維持するためにリセットする必要があるそうです。

野焼きによってできた草の灰には、ミネラル成分が豊富に含まれ、次の世代の草にとっての肥料となるそうです。深いな〜

山も定期的に人間の手を加えることで、自然の営みが守られているんだなーと感じながら、、

なぜか、ヒト幹細胞培養液エキス入りステムリバイタセラムパックをして寝よーかなーと💦

そろそろ、ラセムドもしたいな〜と

肌にも春を呼び込まなければと焦ったりしている、花冷え🌸の夜です。

 

 

2019年04月02日 更新 /

一覧へ戻る

TOPに戻る