30代のシミ治療✨

化粧をするとほとんど見えないしみですが、洗顔して、肌診断機で撮影すると

そこには紛れもない事実が、、

そこで今回は、Qスイッチルビーレザーで治療しました。

まずは、印をつけて

レーザー照射

治療時間は数分です。
痛みは輪ゴムで弾かれるようなチクチクした感じです。痛みに敏感な方には麻酔のクリームを使用します。

照射当日

レーザー照射した部分に軟膏を塗布して肌色の目立たないテープで保護します。

照射後~14日後くらいまで

カサブタができないように、湿潤療法で早くキレイに治します。湿潤療法(ウェット療法)とは、創傷部位を乾かさないように被覆材で密閉することで、施術後の痛みを少なくし、色素沈着を予防する治療法です。
どうしても被覆材の嫌な方は、かさぶたの上からでも使用出来る、専用のファンデーションをお勧めしています。

照射後2週間~4週間

紫外線に当たると色素沈着を起こす(再発したように見える)のでレーザー照射後3ヶ月ほどは日焼け止めクリームを使用して下さい。

照射後1ヶ月以降

徐々に皮膚の色が落ち着いてきます。
レーザー治療後の炎症性色素沈着(再発したように見える)が一時的に生じる事がありますが、通常数ヶ月できれいになります。
 
私は、今日で3日目なのでまだかさぶたは取れていません。
かさぶたが取れたらしっかりUVケアをして、綺麗になる日を楽しみにホームケアもサボらずやります。
 
 
 
 
 

2019年11月09日 更新 /

一覧へ戻る

TOPに戻る