看護師のつぶやき〜自然な若返り〜

私は、オペ介助に入るので、患者様の施術前のちょっとご不安な顔と、終わってからの嬉しそうなお顔のギャップを見る機会が多いです

中でも施術後、鏡をのぞいて「わあ✨」と歓声が上がるのが【ヒアルロン酸注入】です

ヒアルロン酸にも様々な種類があって、それを組み合わせるセンスと注入技術が仕上がりを決めます

毎回、毎回、当院の倉田院長の腕には惚れ惚れします。美的センス?造形センスでしょうか?

院長は、腕はもちろんですが、患者様が極力痛みを感じない丁寧な施術、リラックスした雰囲気の中で施術をおこなってくださるので、介助に付いている看護師まで癒されます

オペ室にはピリピリした空気は流れていないので患者様の中にはお好きな音楽を聴きながら眠ってしまわれる方も😴

施術前にまずは入念なヒアリングのもと注入部位確認を最終決めていきます

 

ボリューマはチーク部とあごに注入して


たるみによって減少したボリュームを増大する目的で皮下、骨膜上に注入することでリフトアップさせます。


ウルトラプラスはボリューマよりも柔らかいのでほうれい線やマリオネットラインに直接注入ししわを目立ちにくくします。


時には、適切な量の量のヒアルロン酸注入材とボツリヌス治療薬の注入を組み合わせることによって、顔全体のしわやたるみを改善することもあります(ビスタシェイプ)

ダウンタイムが短くて、しっかり効果はでるのに自然な仕上がりでいい方法だな~といつも感心して介助につかせていただいております。

そして、自分も入れてみたいなーと密かに思っています(笑)

なぜなら、毎回施術が終わった途端、患者様の顔に艶玉復活✨

施術直後でこの仕上がりですから、一二週間して落ち着けばさらにお肌が引き上がって、艶々の若返り間違いなしです。

 

毎年お誕生日に御自身の肌に【ヒアルロン酸注入】をプレゼントしてらっしゃる方は、文字通り「お変わりないですね〜」を維持していらっしゃいます✨

 

いよいよ今日から12月✨

時の時間は巻き戻せませんが、肌の時計を巻き戻しませんか?

 

 

2019年12月01日 更新 /

一覧へ戻る

TOPに戻る