スペクトラ機を使った肌質改善〜②〜 肝斑治療「トーニング」

肝斑とは、

目の下やほほ骨の上に左右対称の形で広がる薄茶色のシミのことで

30〜40代の女性に多く見られ、

女性ホルモンや日焼け、

クレンジングや化粧による摩擦の影響が大きいといわれています。

 

治療としては「トラネキサム酸」の内服がありますが、

それだけでは充分ではありません。

 

とはいえ・・・・・

肝斑に対してのレーザー治療や光治療は、シミが一旦消えても再燃するので

禁忌とされてきました・・・・・。

 

しかし、

スペクトラ機のレーザーは照射時間を最大限に短くして照射する事で

シミの再燃を起こすことなく、効果的に肝斑治療を行うことができるようになったのです。

治療終了後は

軽い赤みが出る方もいらっしゃいますが、数時間ほどで引きますし、

ダウンタイムも少ないので当日のお化粧も可能です。

 

テープをはる必要もありません✨

 

もちろん!日焼け止めをたっぷり塗っても問題ございません(^_^)

 

ただし、

2週間に1回のペースで繰り返し、根気よく行うことが必要です。

 

コース終了後は肝斑の色だけでなく、毛穴も引き締まり

ハリのあるお肌に☆*:.。. (⌒▽⌒).:*☆

 

是非、スペクトラによる集中治療を受けてみませんか?

2021年08月18日 更新 /

一覧へ戻る

TOPに戻る