番外編。くらた男子トーク「シミとイボ」のお話

肝斑や炎症性色素沈着、老人性色素斑…など、一見、同じように見えるシミにも様々な種類があり、

お一人が同時に数種類のシミを持っている場合も多く見られます。

 

が、

 

今回のブログは男性編です!

 

男性のシミは、

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)。

 

そしてイボは

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)。

 

こちらの2種類をよく見かけます。

 

老人性というネーミング( ゚д゚)💦心にグサッときます。改名してほしいです( ̄^ ̄)

 

なぜ、シミやイボができるのか。

 

男性の方のシミやイボの原因は、

①日焼け止め対策をしていない。

   女性が毎日使うファンデーションなどのお化粧品は昨今、UV対策が含まれていることが多く無意識に紫外線対策が行われがちですが、

 男性の方は日焼け止めクリームを塗る習慣がないと、直接お肌に紫外線を浴びてしまいがちです。

 長時間、車の運転をする方は「お顔の右側」や「右腕」が特に日焼けしてませんか?

 

②毎日の髭剃り

 髭剃りでシミ?と思う方もいるかもしれませんが、保湿などのスキンケアをしない髭剃りは、お肌が乾燥しがちです。

 

 

乾燥や紫外線を浴びる事がシミやイボの原因になっています。

 

これらの要因で出来たものは仕方がありません。

 

 

レーザーでやっつけてしまいましょう\\\\٩( ‘ω’ )و ////

・CO2(炭酸ガス)レーザー

 皮膚組織の水分に吸収された赤外線光が組織を蒸散することで、イボなどをメスを使わずに除去することが出来るレーザーです。

 

 

・Qスイッチレーザー

 皮膚の色素病変(シミ等)のメラニンによく吸収し、正常な皮膚や血管へのダメージを最小限にとどめて

 効果的にメラニン含有細胞を選択的に破壊、治療することが出来るレーザーです。

 

こちら上記のお二方ともに

お顔にシミやイボがあるのとないのでは、見た目年齢も印象もグッと変わりますよね♫

 

施術後のアフターケア、おすすめの日焼け止めクリームやスキンケアセットもあります。

 

 

男性のスキンケアやレーザー治療は「当たり前の時代」です。

 

美容外科は女性が通うもの、というイメージが強いかもしれませんが近年は男性の患者様も増えています。

 

もう性別は関係ありません(^-^)/

 

見た目だけではなく、将来の皮膚トラブルリスクも含めた内面からの健康対策は

今からでも遅くはありません♫

2021年08月31日 更新 /

一覧へ戻る

TOPに戻る